ジャックフルーツの収穫後管理、加工、マーケティングの開発と改善

クライアント:Krishi Gobeshona Foundation(KGF)様

この研究の主な目的は、付加価値製品の研究開発、新製品の市場需要の創出、生産能力構築を通じて、サプライチェーンの効率を改善しながら収穫後の損失を減らし、生産者と市場の仲介役として、ジャックフルーツの加工製品を促進することです。マーケティングや付加価値のあるジャックフルーツ製品から、貯蔵と輸送、さらには収益性の高い業界を確保するための製品の管理に至るまで、生産者と供給の課題解決に向けて商業ビジネスモデルの開発にも焦点を当てています。 プロジェクトの成果は、製品を商業化するための投資を支援し奨励するために、農産加工会社に技術を普及させることです。