バングラデシュのBOP /ボリュームゾーンビジネス状況調査-2014(さまざまなセクターの企業がBOP /ボリュームゾーン市場でビジネスを行っているケーススタディ)(JETRO様)(2014年4月〜2015年3月)

BOPビジネスに関心のある日系企業の具体的な情報を収集し、ビジネスチャンスを報告することを目的とし、BOP市場で成功しており、さらなる成長の可能性がある10の異なるセクターにおける10社の現地企業を調査しました。この調査で取り上げられている分野は、食品、飲料、浄水、eコマース、農薬、教育、電子機器、トイレタリー、再生可能エネルギー、病院、銀行です。一次・二次情報から収集された情報をもとに、企業の活動内容、製品とサービス、将来の成長計画、財務状況、顧客セグメント、主要なリソース、長所と短所、ビジネスモデル、ビジネス戦略などを報告書にまとめました。主要コングロマリットおよびNGOに関する調査(2013年1月〜3月)

事業環境分析、主要コングロマリット、NGO、地元企業へのインタビューを実施しました。